読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星座早見図

mapping of stars

オデッセイ/リドリー・スコット

「だが、殺されたはずの俺は生きている」

 
ハムレットから始まるオデッセイ。
 
音楽の使い方(ディスコミュージックの選び方ではない)はイマイチだったと思うけれど何もない宇宙に何かがあるというはじめての安心感。基本的には救いようがない物語を好むわたしですが、宇宙空間において、地面があって、重力があって、食料があって、部屋があることがどれだけ希望であるか。「宇宙は突き放す」というセリフがあったけれど本当にその通り。