読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星座早見図

mapping of stars

スーベニア〜騒音の歌姫〜

書かなければならないのか...この感想......。めっちゃ気が重い。いや自分で自分に課しているだけなので書かなくてもいいんだけれど。

 

たぶん、題材は悪くない。悪くないんだよ。映画にもなるくらいなんだから。それに現地では評判のミュージカルではなかったの?(知らないからわからないけど)

・下手な歌を聴くというストレス

聞ける歌と聞けない歌っていうのがあると思うんですよね。しかもずっと、何度も、聞かされるのはけっこうきつい。でもこれって脚本がいけないんでしょうか?だからちょっと映画を楽しみにしているけど、予想では「脚本と主演が合っていない」に一票。この脚本を上手に味つけられる技量が主演にないんだろうな。

・しかし脚本がうまいというわけでもない

うん.......。たぶんだけどわたしなら桐島方式で脚本書くのがいいと思う。感情移入しやすくない?観客が好きなように「歌姫」を思い描けるんですよ。だって、描ききってしまって提供された「歌姫」像に共感できないし好意も持てないのになんでまわりの人たちはこの人に魅了されてるの?って話ですよね。なんでなんだ。

映像は2Dなので、いつだって奥行きを残しておけるものだけど、演劇は3Dなので、その場にあるものがすべて。「舞台が真実」なんだろうな。だから工夫をして想像の余白を作らなくては。もしくは完璧な嘘(フィクション)を描かなくては、真実だと言えるほどの。

 

もうすでにこれ以上喋るの疲れたのでやめますけど、京本くんと菊地美香ちゃんは本当にかわいくてかわいくて。声も好き、見た目も好き、踊りも好き。いつか二人でミュージカルをやってくれたらいいなあという夢をひとつ描きました。

 

 

(ということで終演したので公開、ぽち)